借金があってもお金を借りることは可能です

他社からの借り入れがあるからといって、お金が借りられないわけではありません。何社からも借り入れをしている人はたくさんいます。そもそも、貸金業者は信用情報によって、その人がどこからどれだけお金を借りているかわかりますから、借り入れがあることについては隠す必要はありませんし、隠すのも無駄です。返済が滞ったりといった問題がなければ、借金があっても審査は通る可能性は高いですし、借り入れをすることもできます。

同じ貸金業者からお金を借りるという方法も

そもそも、完済していないからといって、その貸金業者がそれ以上お金を貸してくれないとは限りません。返済をしながら追加融資を受けて、その返済を合わせた金額を返していくこともあります。追加融資ができるかという問題はありますが、可能であれば返済の手間が一度で済みますから、このほうが楽でしょう。同じ貸金業者には申し込みにくい、というのであれば、別の業者から借りても構いません。

お金を借りられる額には上限はある

消費者金融の場合、その人の年収の1/3を超える金額は貸してはいけないということが法律で決められています。これは、その人が各社から借りている総額であり、一社からでの金額ではないので、年収300万円の人が他社から合計250万円借りている場合は、審査に通っても上限50万円しか貸すことは出来ないのです。この総量規制は銀行には適用されないので、借金が多い人は銀行カードローンのほうが総量規制対策にはなりますが、そもそも銀行のほうが審査が厳しいので借りられるとは限りません。

このページの先頭へ