消費者金融の審査

一般的には、消費者金融に申し込みをすると審査が行われます。これは、その人に返済能力があるか、お金を貸すに値する信用があるかどうかを判断するためのものです。

昔の質屋のように物を担保にお金を貸すのと違って、現在はその人の信用で判断してお金尾を貸すので、確実に返してもらうためにも審査は必要になります。

審査が甘い業者と厳しい業者がある

この審査の通りやすさは、金融業者によって異なります。そして、一般的には金利の高さに比例して通りやすくなるものです。つまり、厳しい審査に通れば安い金利でお金を借りることができ、審査が通りやすいところということであれば、高い金利でお金を借りるしかなくなります。

審査があまりということは、業者にとっては返済のリスクがそれだけ高くなるということですから、金利を高く設定している面もあります。

審査がない消費者金融

消費者金融は、基本的に法律の範囲内でお金を貸しているので、法外な金利を摂ることはありませんし、取り立ても無茶なことはしません。そのため、きちんとした消費者金融で審査が全くないということは、まずないと考えてよいでしょう。

審査なしてお金を貸してくれるところもないわけではありませんが、そういったところは法外な金利を取られたり、万が一返せないと自宅や勤務先まで取り立てが来るような闇金である可能性も高いです。消費者金融の審査は、必ずしも通らないわけではありませんから、まずは大手の消費者金融の仮審査を受けてみるのも一つの方法です。

このページの先頭へ