早くカードローンの返済を終わらせた方が得

カードローンにしても消費者金融にしても、借りている間は金利を払わなければいけませんから、早く返してしまったほうがお得です。

借入の時に毎月の返済金額と期間を決めますが、ほとんどの金融機関は繰り上げ返済としてお金があるときに多めに返済することもより、返済期間を短くすることが可能です。臨時の収入や、収入アップにより余裕がある月は、余分に返済して早く完済してしまったほうがよいでしょう。

カードローンの返済方法

多めに返済するときは、借り入れている会社によって異なりますが、連絡してから繰り上げ返済として返済を行う場合もあれば、ATMなどで自由に返済できる場合もあります。

注意が必要なのは、自動的に多めの返済ができるようになっているところは、「余裕があるから来月分も一緒に返しておこう」とすると、その月に多めに返済したと認識されて、翌月もいつも通り返済しなければならなくなってしまいます。返済期限日だけでなく、何日までの入金がその月の返済とみなされるのかを確認してから返済するようにしましょう。

カードローンの一括返済もできる

残金をすべて返せそうであれば、一括返済をしてしまうのも一つの方法です。一括返済をする場合は、返済日によって金利の計算などが必要になりますので、借入機関に事前に連絡して返済日を決め、その場合の金利などを計算してもらって指定された金額を返済するようになります。

返済するお金の振込先などは、各社で異なる場合もあるので、その時に相談するとよいでしょう。

このページの先頭へ