退職したばかりでまだ次の仕事が決まるまで時間がかかりそうという時に、お金が借りられたらと思うことはよくあることです。しかし、「今は無職だからキャッシングは利用できない」と思っている人も多いのではないでしょうか。

確かに、どこのカードローンでもお金借りるには審査があります。「安定した継続的な収入があること」がどこも審査のポイントですので、無職の人が借りられないと思うのも仕方のないことでしょう。しかし、場合によっては無職でもキャッシングは利用できるのです。そこで、無職の人がお金を借りる方法を紹介します。

専業主婦(主夫)ならキャッシングでお金を借りられる

無職ではお金を借りられないカードローンは確かに多いですが、無職といってもその人がどういう状況かによって事情は異なります。まず、専業主婦や専業主夫をやっている人は、確かに勤めに出ていないので無職ということになりますが、夫や妻が働いて生計を立てているのなら、それは安定した収入があるとみなされることが多いです。

イオン銀行カードローンなど銀行のカードローンには配偶者貸付という制度がありますし、消費者金融業者のなかにもそういう制度があるところもあります。ただ、大手の消費者金融業者では専業主婦(主夫)にお金を貸してくれるところは少ないです。消費者金融で配偶者貸付を利用したいなら、レディースフタバやエイワなど中小規模の業者を選びましょう。

年金で暮らしている人でもお金を借りられる

すでに定年退職しており、今は年金の収入のみで暮らしているという高齢者の方も、お金を借りられるところはあります。たとえば、福祉医療機構(WAM)の年金担保貸付です。年金を担保に最大200万円まで借りることができて、金利も消費者金融などより大幅に低いため、無理なく返すことができるでしょう。

借りたお金の用途に制限がありますが、公的機関の貸付ですし、生活必需品の購入や医療費など基本的な出費をカバーしているので安心です。

学生がキャッシングを利用できる場合

働いていない学生にお金を貸してくれるところは少ないですが、学生専用のカードローンを扱っている金融業者もありますし、内定がすでに決まっている学生なら内定者専用ローンを提供する銀行で借りることも可能です。

特に内定者専用ローンは、新生活に備えての出費や卒業旅行の旅費までカバーするうえ金利も低いので、就職がすでに決まっている人にはおすすめです。ただ、内定者専用ローンを扱う銀行が少ないことがデメリットになります。しかし、学生でもアルバイトで継続した収入がある人なら、大手消費者金融にも申し込み可能です。

このページの先頭へ